絞込条件
ジャンル
目的別
年代別おすすめ
価格
特徴

自分に合うシャンプーがわからない!・・・結局どれを選べばいいの?

【ノンシリコンシャンプーが髪に良いというけど・・・】

ノンシリコンシャンプーは頭皮に良いといわれています。

育毛、薄毛ケアを行っている方は、このノンシリコンシャンプーを使っている方が多いのではないでしょうか。

 

それはなぜか?

 

シリコンは、髪に残留しやすく、毛穴に詰まって、毛根を傷つけて、髪が生えてくる力を弱らせてしまうから・・・・といわれているからですが。

 

どの研究機関でも、シリコンが毛穴に詰まったという報告はありません。

 

確かにシリコンは、落ちにくい成分です。

そのため汚れをどんどんためていくのですが、毛穴に詰まるという事実はないのです。

汚れは髪に付着しますが、毛穴に溜ることはありません。

 

洗い残しがあれば、シリコン、ノンシリコンに限らず、汚れはたまっていきます。

とにかく、シャンプーはしっかり洗い流す必要があります。

 

シャンプーなしで、美髪ケアを行う人もいますが、あれもおすすめではないのです。

水だけで完璧に汚れを落とすのは美容師さんでも難しいと思いますので、シャンプーを使って洗うことをお勧めするというより、シャンプーは必要です。

 

今回は、どのシャンプーが髪に良くて、使えるのか徹底検証していきます。

 

【ノンシリコンシャンプー】

・Lux プレミアボタニフィーク

これは、お値段の割にはかなり洗いあがりが良いです。

ノンシリコンって使い始めって、かなりきしみます。

しかし、このシャンプーは最初から潤って、サラサラになれます。

本当にノンシリコン?って疑ったのですが、ノンシリコンでした。

おまけに、パラベン、着色料もフリーなのです。

 

香りも優しくて、清潔感があるし、洗いあがりはくせ毛の私でもサラサラツヤツヤです。

ノンシリコンはきしむって心配な方は、このLuxをノンシリコン入門編として使ってみてはいかがでしょうか。

 

・ヒロシ君が考えたシャンプー

ヒロシ君って誰?と素朴な疑問がまず浮かぶんですが、これはちょっと年齢層が高い方やくせ毛の方にもおすすめかなと思います。

ちょっとダーク系のヘアカラーをしている人には、超おすすめ。

色落ちがしにくいのです。それとノンシリコンシャンプーのデメリットであるきしみがまったくなく、むしろ潤って、髪が落ち着きます。

だから、白髪染め、年齢とともに髪のくせが強くなってきたって方にはお勧めなのです。

 

 

・ボタニカルシャンプー:ボタニスト

以前、通販で爆発的に売れて、今やドラッグストアでも置いてないお店はないのでは?というくらいの人気です。

洗いあがりは、サラサラ。同シリーズのトリートメントと一緒に使うことで、髪に落ち着きがでてきます。

 

ただね、くせ毛や広がりやすい毛質の方には、使い始めきしむかもしれません。

ノンシリコンのデメリットは「きしむこと」なんですが、使い続けていくうちにきしまずにサラサラになってきます。

ノンシリコンに必要なのは、継続して使用することなんです。

ほんの少しの間、我慢する必要があるんですよね。

 

慣れてきて、自分の毛質にあってくると、本当に使いやすいよいシャンプーではあります。

 

 

くせ毛の方には、ノンシリコンでアミノ酸系シャンプーが良いかもしれません。

 

【アミノ酸系シャンプーとは?】

パサつきやすい、くせ毛タイプには、洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

洗浄力が弱い分、頭皮に潤いを残してくれて保湿してくれるのです。

皮脂が少ない人には、アミノ酸系シャンプーでないと洗いすぎによる乾燥を引き起こしてしまう危険もあります。

 

・ラサーナ

これは海藻と海泥成分を配合して作られています。

海泥成分で汚れを吸着してから、海藻成分で潤いを与えるというシステムです。

顔用の洗顔せっけんにこの成分が配合されているものもありますが、ヘアケアに取り入れたという画期的なシャンプーなのです。

 

たしかに広がり気味の髪は、シュンと落ち着きますよ。

ただ、これはシリコンシャンプーです。

 

良く洗い流して使えば、美髪に対する悪影響はありません。

かなりツヤツヤで扱いやすい髪にはしてくれます。

 

さきほど、ご紹介してきた「ノンシリコンシャンプー」ですが、あのシャンプーたちもノンンシリコンでアミノ酸系シャンプーなのです。

洗浄成分で使われる界面活性剤という成分が、アミノ酸系であるというものです。

シリコンを配合していないうえに、アミノ酸系というかなり髪と頭皮には優しいシャンプーといえます。

 

もう一度おさらいになりますが、ノンシリコンシャンプーがあうタイプの人とは、

 

・髪が太くて、しっかりした人

・髪の量が多くて、軽い感じにしたい人

 

などには、ぴったりなのです。

 

また、気を付けていただきたいのは、シャンプーはノンシリコンだけど、コンディショナーはシリコンが入っているという商品もあります。

 

しかしながら、あまり神経質になる必要もありませんので、自分の髪に合った髪と地肌を健康にしてくれるシャンプーを使ってみてください。

 

最近は、健康志向が高まってきて、そんなに高い値段を出さなくても、肌や髪に高い効果を与えてくれるシャンプーがたくさん発売されています。

ドラッグストアなどにはお試しサイズのものが販売されていますし、サンプルを配布している場合もありますので、まずは試してから使ってみてください。

肌質まで変わる?本当に使えるファンデーションを探してみた。
飲む美白サプリってどうなの?効き目を辛口に評価

関連記事一覧