絞込条件
ジャンル
目的別
年代別おすすめ
価格
特徴

【超深刻】女性にも薄毛はやってくる!傾向と対策を徹底調査!

 

《女性だって薄毛になるって本当なの?》

残念ながら本当です。

 

薄毛といえば「おじさん」って感じですが、女性にも薄毛はやってきます。

ただ、男性の薄毛とはちょっと違います。

 

男性は、部分的に薄毛になってきます。頭頂部とかM字型薄毛とか言われるものです。

男性の場合は、毛の本数が少なくなってくるんですが、女性の場合は、毛自体が細くなるんです。

全体的にボリューム感なくなってくるのが、女性の薄毛の特徴です。

 

 

《女性の薄毛に対策はあるのか?》

だけど・・・、食生活、生活習慣をどれだけ心掛けても薄毛対策に著しい効果ってなかなか現れないんですよね。

薄毛の主な原因とわれるのが

 

・女性ホルモンの減少

男性ホルモンが優勢になってきて、女性も年と共におじさん化してくるんですね。

女性なのに髭が濃くなってきたなんて話もききますよね。

 

 

・ストレスによるもの

女性の社会進出は著しく向上しています。

それに伴いストレスも増えます。その上に、育児、家事が降りかかってくるのですから

おじさんの中間管理職よりもストレスは過多になりますよね。

 

 

・不規則な生活態度

残業や、お付き合いなど女性だからとお断わりすることなんてできません

遅くなってお風呂に入れなかった、朝に風呂に入って、朝にシャンプーしてちゃんと髪を乾かさずにそのまま出勤しちゃった・・・なんてことありませんか

そんな些細なことの積み重ねが、あなたの大切な髪を細く頼りないものにしてしまうのです。

 

 

でも、その反面、小さな心がけで薄毛を対策できて髪を守ることもできます。

カンタンなケア方法を探してみました。

 

《自分にあった育毛剤を探してみる》

なるべく早い記事から始めることがおすすめです。

毛根があって、少し髪が細くなってきたかなと感じ始めた時が、はじめ時です。

 

かなり薄毛が進んで、毛根がなくなってきてからではどんな有効で高価な育毛剤を使っても、それはただの気休めであり無駄になってしまうのです。

 

効果的な育毛剤とは?少なくとも次にあげる4つの特徴が必要です。

特徴1.男性ホルモンを抑制する成分が含まれているか
特徴2.無添加で頭皮にダメージを与えない
特徴3.血流を促進する・頭皮へのめぐりが悪くなる

特徴4.高い保湿力がある

 

【育毛剤のお世話になる前にできるケアがある】

育毛剤に頼るのは、最後の砦と思った方がいいです。

 

正直、毛根のあるうちに育毛剤ケアを始めれば、かなり有効な育毛ケアはできますが、

その始めるタイミングがかなり難しいのです。育毛効果がある育毛剤はかなり高額になります。

 

それを毛がふさふさしている段階で始めることって、なかなか難しいのではないでしょうか。

かなり金銭的に余裕がある人です。たいていの人が、薄毛になってから始めてしまうんですよね。

 

 

《日々の小さな心掛けが髪を失わずにすむ》

まず、シャンプーする前に、ブラッシングをしますが、その後、頭皮にオリーブオイルやホホバオイルなどをつけて、軽くマッサージしてオイルクレンジングをします。

良質なオイルを頭皮に塗ることにより、毛穴の汚れを浮かすことができます。

 

このクレンジングの後、シャンプーすることで、汚れがきれいに落ちていきます。

毛穴を清潔に保つことは、頭皮ケア、育毛ケアにはとても大切なことです。

 

髪を失う原因の多くは、この毛穴に汚れが詰まることで、毛穴の通気をふさいでしまうことです。

血流が悪くなり、毛根を死滅させてしまうことにつながるのです。

 

お風呂に入る前に、顔に使うクレンジングオイル、ジェルなどを使って頭皮もついでにクレンジングするだけでも、かなり効果があります。

 

頭皮も顔の肌もつながっています。

 

スキンケアには細心の注意を払っていますが、その毎日のケアを頭皮にも少しだけ気を配るだけで、3年後5年後8年後10年後の、あなたの頭皮を美しく健康にキープしてくれます。

 

【センシティブな頭皮にはストレスケアも必要】

ストレスを感じると、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、どうしても頭皮が固くなり、毛根にもかなりの悪影響をあたえてしまうのです。

 

《自分に合ったストレスケアが必要》

体を動かすのが苦にならないなら、「ヨガ」など呼吸法を取り入れた運動が効果的です。

体を伸ばして、関節をストレッチしながら呼吸をしてストレスを緩和してくれます。

 

・ストレスに効く「亡骸のポーズ」

 

これはとても有名なヨガのポーズで、死体のように横たわるだけです。

簡単そうに見えるのですが、細かい部分で気を付けるひつようもあります。

 

仰向けに横たわり、手のひらは空に向けて広げます。

鼻から息を10数える間に吸って、口からも10数えながらゆっくり吐き出します。

 

大体、この呼吸法を10回くらい繰り返してください。

 

大きく呼吸することで、安眠にもつながりますから、就寝前にベッドで行っても効果的です。

ポイントは、背中、腰、太ももの部分をぴったり床につけることが大切です。

 

腰部分が浮いているようでは、まだポーズが取れていません。

 

最初は、仰向けになって、鼠径部(足の付け根部分)に分厚めの本などを重しで乗せてみてください。

両足に1冊ずつ、計2冊をのせて、床にぴったりと背面がつくようにしてください。

 

《呼吸法にアロマの力も借りてみて》

アロマの精油を、湯飲みにお湯を張ったところに数的垂らして「即席アロマテラピー」を行ってみてください。

 

アロマディフューザーを持っている方は、もちろん使っていただきたいのですが、わざわざ購入しなくても即席アロマでも十分効果があります。

 

有名なアロマオイル、ラベンダーもリラックス効果がありますが、スィートオレンジ、ベルガモットの香りにも安眠効果があることが報告されています。

 

好きなアロマの香りのなかで、深く呼吸することで素晴らしいリラックス効果を得ることができますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛るなら、やっぱりくちびるでしょ!使えるグロスを検証!
モテ女もいいけど、やっぱりたった一人の男性に愛されたい。

関連記事一覧